メインメニュー
LIFE・暮らしの情報
さくさく健康生活
さくさくサポート
お天気・防災「気象庁」
  天気予報
道東地方
週間予報:釧路根室網走
季節予報
天気分布予報
時系予報:釧路根室網走
解析雨量・降水短時間予報
天気図
レーダー・降水ナウキャスト
気象衛星
アメダス:地図形式
アメダス:表形式
  釧路根室網走
潮位観測情報
波浪観測情報
  防災気象情報
気象警報・注意報
気象情報:釧路根室網走
海上警報
台風情報
洪水予報
津波予報
地震情報
火山情報

さくさくブログ

ブログの説明文 モジュール設定オプションにて
2008-10-30
マニフェストを聞いて選挙へ行こう!上(日記)
前市長の退任に伴う釧路市長選挙が告示されました。
街頭では選挙カーが走り、盛り上がっているかと思いきや、
なんとなくムードが高まっていない、感じはしませんか?

それもそのはず。現に釧路市内での市長選の投票率は、
国政選挙、地方選挙よりもぐっと低く、前回は無投票、
その前が45%、その前の前までさかのぼると39%にまで落ち込みます。
ここ数回は5割を切る低さでなんです。

そこに危機感を持った若手経済人有志たちが、
告示前夜に「マニフェスト公開討論会」なるものを開きました。
3人の候補者を招いて、同じ質問をして、
同じ時間だけ答えさせるという内容です。
あくまでもニュートラルな立場から、
有権者に候補を選択する判断材料をというのがねらいでした。

内容はというと、こうした討論会に実績のある、
NPO法人リンカーンフォーラム北海道がコーディネート。
釧路市政の課題について質問を浴びせます。













立候補予定者(当時)お3方とも、立場は違っても、
まず最優先課題として掲げていたのは行財政改革でした。
釧路市の毎年50億円の財源が不足するという未曾有の危機的状況。
それを抜本的に見直すために前市長が打ち出したのが、
「活力創生釧路市集中改革プラン」でした。

加えて企業会計、第3セクターあわせて2100億円の債務。
国が第2の夕張出現を阻止しようと施行させた、
自治体財政健全化法の基準が厳しくのしかかります。
そんな状況下での市長選挙。それぞれのどうかじを取るのか。

その後、具体的な政策について話題が及びます。
詳細は次回に!
Posted by mokomoko at 12:34:21 on 2008/10/31
この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
この記事へのトラックバック用URL
この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.5.9 distributed by SAMN Project
ログイン
ユーザ名: パスワード:
パスワード紛失 新規登録
さくさく検索
Powered by Alpha-System © 2006 The Eastern Hokkaido Area Community Project